新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

産業ガス新報

2020年1月27日号〔No.375〕

 

【2020年 産業ガス業界の見通しと需要予測】
粗鋼生産量は前年割れ見通しも半導体向け需要は回復を予想!

 2020年7〜9月期のGDP(国内総生産)は、年率+1.8%に上方修正された。しかし、10月からの消費増税による消費の冷え込みや中東情勢の悪化による原油高、台風19号等の自然災害がもたらした工場の操業停止といった経済活動への下押し圧力に伴い、10〜12月期は前期比マイナスに転じる可能性が高い。
 実際に、日本工作機械工業会が発表した'19年12月の工作機械受注は前年同月比33.6%減の899億円と、15カ月連続のマイナスで推移。'19年通年の受注額は前年比32.3%減の1兆2,297億円と、リーマン・ショック以来の下落幅を記録した。米中貿易摩擦の影響で自動車をはじめとした製造業の設備投資が冷え込んだ事が響いた。溶接業界の関係者に話を聞いても昨年秋以降に設備投資が冷え込んだとの意見が多く、景気後退局面を迎える可能性を危惧する声が拡がっている。
 こうした中、(一社)日本産業・医療ガス協会(JIMGA)が公表している産業ガス月次統計の'19年10月の一般販売量を見ると、酸素・窒素・アルゴンとも前年同月比を下回っており、ガス需要にも陰りが見られる状況にある。(本文より)

 



インタビューマーケットにより近い現場で「売る力」を強化しガスビジネスの裾野を拡げる!/エア・ウォーター
【2020年産業ガス業界始動】
・日本産業・医療ガス協会
・東京都高圧ガス溶材協同組合
・神奈川県高圧ガス流通保安協会
・千葉県高圧ガス流通保安協会
・静岡県高圧ガス溶材組合
・北陸高圧ガス溶材組合
・グループ総合力でOrtus Stage2の達成を目指す!/大陽日酸
【業界動向】
・停電時も最大7日間の長時間監視が可能一点式ガス検知警報器「NV―120シリーズ」開発/新コスモス電機
・宇部工場を新設!/日本液炭
【レーザ関連“特許出願公開速報”】


 

バックナンバー購読を申し込む

 
   
▲ページトップへ