新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

溶射特集

2018年1月22日号〔No.191〕


2018年の溶射業界は概ね好調!
航空機、自動車、半導体は堅調
防錆・防食は回復傾向
ガスタービンは引き続き低迷



 
2017年度の溶射市場は、全体としては溶射施工、溶射装置・溶射材料のいずれにおいても2016年を上回る水準であった。分野別に見ると、新型機の投入が進む航空機業界、業績が堅調な自動車業界向けの材料出荷は好調に推移、また半導体関連など一般産業も好調に推移した。一方で、高速道路関連の仕事が端境期となった防錆・防食分野、ガスタービン等は低迷した。
 2018年の見通しについてだが、国内では遅れていた東京オリンピック関連施設、周辺インフラの整備が本格化する中で建設分野は好調に推移する見通しで、さらに自動車をはじめとする製造業も堅調に推移すると予想される。海外についても米国、欧州は景気好調、中国や東南アジアも景気は回復傾向にある。
 そのような中で、溶射業界に目を向けると、昨年低調だった防錆・防食は高速道路関連の仕事は復活する見通し。航空機関連、自動車、半導体は引き続き堅調。鉄鋼ロールは厳しいながらも若干回復傾向で推移する見通し。一方、ガスタービンは引き続き厳しい状況が続くと見られ、製紙ロールは、紙離れによる構造不況から抜け出すのは難しいと見られる。以上のような状況から、溶射施工、機器・装置、材料市場は、前年比5〜10%増と予想する。


(本文より)

 

 


 

 

【2018年年頭所感】
・創立60周年を終え、より積極的な活動を
 一般社団法人 日本溶射学会
 榊 和彦会長
 (国立大学法人・信州大学 学術研究院
  (工学系)・教授)

 

 

 


・栄典団体への認可目指し会員の拡充を図る!
 日本溶射工業会
 立石 豊会長(潟Vンコーメタリコン・社長)

 

 

 

 

・様々な設備投資で
 新商品の開発及び新市場の創出を!
 トーカロ
 三船 法行代表取締役社長

 

 

・常熟新工場2月に稼動開始!
 日中印の3極生産体制で
 希望の品質・コストに対応!
 大阪ウェルディング工業
 魚谷 徹生代表取締役社長

 

 

 

・本業の防食溶射に加え
 新技術開発、新規事業への取組みを強化!
 三興防蝕
 燒リ 一生代表取締役社長

 

 

・溶射装置・材料販売に加え
 新規アプリケーション開発にも取り組む!
 ―新溶射システム「Surface One」の
   PRにも注力―
 エリコンメテコジャパン
 美馬 秀忠取締役リージョナルヘッド

 

 

・日本企業の手の届かないニッチかつ
 役に立つ製品をお客様に紹介!
 ユテクジャパン
 高田 尚代表取締役社長

 

 

 

・お客様のニーズにマッチした製品を提供!
 山陽特殊製鋼
 大谷 浩昭参与 粉末事業部長

 

 



バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一般社団法人 日本溶射学会
榊 和彦会長
(国立大学法人・信州大学 学術研究院(工学系)・教授)
 
 
 
 
日本溶射工業会
立石 豊会長
(潟Vンコーメタリコン・社長)
 
 
トーカロ
三船 法行代表取締役社長
 
大阪ウェルディング工業
魚谷 徹生代表取締役社長
 
 
 
三興防蝕
燒リ 一生代表取締役社長
 
 
エリコンメテコジャパン
美馬 秀忠取締役リージョナルヘッド
 
 
ユテクジャパン
高田 尚代表取締役社長
 
 
山陽特殊製鋼
大谷 浩昭参与 粉末事業部長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ